移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

【使用者必見】jouzの正しいメンテナンス方法を分かりやすく解説|セルフクリーニング機能

加熱式たばこには、定期的な清掃が必要です。しかし、みなさんは正しいメンテナンス方法をご存知ですか?今回は、jouzの正しいメンテナンス方法からセルフクリーニング機能までわかりやすく解説します。

f:id:jouzmagazine:20190228123757j:plain

加熱式たばこは精密機器であり、使用頻度によってはたばこ葉のカスが内部に残ってしまいます。そのため、定期的なメンテナンスが必要です。それは、jouzも例外ではありません。しかし、jouzには30秒で済むセルフクリーニング機能が搭載されているので、メンテナンスは簡単です。

今回は、jouzの正しいメンテナンス方法からセルフクリーニング機能までわかりやすく解説します。

メンテナンスについて

f:id:jouzmagazine:20190227103629j:plain

メンテナンスとは、jouz本体の内部に残るたばこ葉のカスを除去するために行う清掃作業のことです。jouzでは、20本の使用毎に1回のメンテナンスを推奨しています。

メンテナンスをしないとどうなる?

メンテナンスをしないと、どのような症状が発生するのでしょうか?先ほども紹介したように、メンテナンスは本体内部に残るたばこ葉のカスを取り除く作業です。

そのため、メンテナンスをしなければ内部にたばこ葉のカスがたまっていきます。すると、たばこ葉のカスの影響で、十分にスティックが加熱されなかったり、たばこの風味を十分に楽しめなかったりと、加熱と味の面で影響がでます。おいしい味でたばこを楽しむためにも、メンテナンスは定期的に行ってください。

メンテナンスのときに注意すること

メンテナンスを行う際に注意してほしい点が下記の2点です。

① 電源をオフにし、ブレードが冷めて乾燥した状態で行う

② 専用のクリーニングツールを使用する

メンテナンスを行う際は、必ず電源をオフにし、ヒートブレードが十分に冷めて乾燥している状態で行ってください。メンテナンスでは、内部のヒートブレードを清掃するため、本体と専用ツールともに故障や破損の原因となります。また、加熱式たばこ使用後はヒートブレードは高温となりますので、火傷の危険性もあるため必ず十分冷めた状態でメンテナンスを行ってください。

メンテナンスには、専用ツールを使用してください。機器内部のヒートブレードは、緻密な設計となっており、専用スティック以外を使用すると傷つく恐れがあります。

jouzの正しいメンテナンス方法4ステップ

f:id:jouzmagazine:20190513192909j:plain

jouzのメンテナンス方法を4つのステップに分けて紹介します。

STEP1:本体のキャップを外す

f:id:jouzmagazine:20190513160816j:plain

メンテナンスを行う前は、必ずキャップを写真のように取り外してください。

キャプを付けた状態では、適切な清掃ができません。また、キャップを取り外すとヒートブレードが表面となり、十分に冷えていない場合だと火傷の危険がありますので、注意してください。

STEP2:専用ブラシを使う

f:id:jouzmagazine:20190513160846j:plain
次に、専用のブラシをjouz本体の上部(キャップが装着されていた部分)に取り付け、回しながら清掃してください。

専用ブラシを使用する際は、専用ブラシのキャップを取り外し、下部のブラシがあるものを本体上部に取り付けてください。清掃は、強くねじらなくても可能です。専用ブラシのキャップを取り外すときは、上下に引っ張ることで容易に外すことができます。

専用ブラシは水洗い可能なので、定期的に水洗いを行い、乾燥させて使用してしてください。

STEP3:ブラシに付属のフックで本体キャップを清掃

f:id:jouzmagazine:20190513160921j:plain
STEP1で取り外したキャップにも、たばこ葉のカスが付着しています。そのため、専用ブラシに付属のフックを用いて、本体キャップも清掃してください。

付属のフックは、クリーニングブラシのキャップ部分に装着されています。フックを引っ張り出し、本体のキャップに挿入して、ねじったり、上下に動かしてキャップ内のカスも除去してください。

STEP4:専用スティックを使う

f:id:jouzmagazine:20190513160950j:plain
本体の奥深くにあるたばこ葉のカスは、専用スティックで清掃してください。

専用スティックは、中央から破くようにパッケージを取り除いて使用してください。専用スティックは、洗浄液がついているため素早く清掃できます。専用スティックで細部のカスまで取り除いてください。

動画でメンテナンス方法を理解する

楽に掃除をしたい方へ!セルフクリーニング機能

f:id:jouzmagazine:20181120170713p:plain

セルフクリーニング機能とは

セルフクリーニング機能は、ファンクションボタンを6秒間長押しすることで起動し、ヒートブレードを高温にすることで内部のたばこ葉を除去する機能です。

セルフクリーニング機能中は、3つのLEDインジケーターが素早く点滅します。30秒間のクリーニング後、自動で3つのLEDインジケーターが消灯します。セルフクリーニングが完了したら、クリーニングスティックを使って、たばこ屑を取り除いてください(STEP3を行う)

使用上の注意点と解除方法

セルフクリーニング機能中は、ヒートブレードが高温になるため、本体のキャップを取り外したりブレードに触れたりしないでください。本体も高温になりますので注意が必要です。

機能を解除するには、ファンクションボタンを8秒間以上押し続けてください。

メンテナンス製品は補充できる

f:id:jouzmagazine:20190513161013j:plain

今回は、jouzの正しいメンテナンス方法について紹介しました。メンテナンスを怠ると、たばこを吸っていても風味が軽かったり、十分に加熱されません。定期的に紹介した手順でメンテナンスを行えば加熱式たばこを持続的に楽しむことができます。また、時間がない方も、セルクリーニング機能を使用すれば30秒間で清掃を自動で行ってくれるので、おすすめです。清掃に必要な専用ツールは、下記サイトからも補充できますので是非確認してください。