受動喫煙対策法が成立!たばこ規制のの歴史を振り返る

今回は受動喫煙法と成立した内容と目的を紹介します。さらに、日本におけるたばこの規制の歴史についてもお伝えします。

f:id:jouzmagazine:20190227103650j:plain

先日、受動喫煙対策法が成立し、2020年7月に向けての分煙対策が明確に行われています。そのため、今回は2018年から行われている受動喫煙法と今回成立した内容を紹介します。さらに、日本におけるたばこの規制の歴史についてもお伝えします。

受動喫煙法が成立!

f:id:jouzmagazine:20190125155138j:plain
非喫煙者のたばこの受動喫煙を規制するため、改正健康増進法が国会で賛成多数により可決され、受動喫煙対策法が成立しました。すべての喫煙者が対象で、禁煙場所での喫煙には罰則が追加されました。

受動喫煙法の目的

受動喫煙法の主な目的は下記の2つです。

①望まない受動喫煙をなくす

②受動喫煙による健康影響が大きい子どもや患者への配慮

受動喫煙法の内容

今回の受動喫煙法は、施設の種類や場所ごとに対策が実施され、新しく不特定多数の人が使う全施設および公共交通機関が規制の対象となりました。具体的には、住宅や旅館、ホテルの客室を除くすべての施設や公共交通機関で、学校や病院、行政機関は敷地全体を禁煙としています。

学校や病院であっても子どもや患者への受動喫煙が発生しない屋外の一部のエリアでは、喫煙は可能です。さらに、その他の施設では、喫煙者は屋内に設けられた喫煙専用室ならば喫煙できます。しかし、喫煙できる部屋への20歳未満の立ち入りは禁じられており、新規店舗はすべて規制対象となるため注意が必要です。

加熱式たばこも対象に

今回の受動喫煙法では、急速に普及している「加熱式たばこ」も対象です。ただし、加熱式たばこは健康への影響が判断しにくいため、紙巻きたばこよりも規制は緩く、加熱式たばこ専用の喫煙室では例外として飲食が可能です。

2020年4月から全面施行

f:id:jouzmagazine:20190628200633p:plain
今回の受動喫煙法は、2020年7月に行われる「東京オリンピック・パラリンピック」に向けての改正であり、2018年からはじまりました。2020年4月にはたばこの規制が全面施行され、会社、大型飲食店、ホテルのロビーなど今までは喫煙が可能であった場所も禁煙となります。

日本のたばこ規制の歴史

f:id:jouzmagazine:20181207125358j:plain

たばこは日本人の文化や生活習慣と深く関わっており、その時代ごとにさまざまな風習を形作ってきました。

江戸時代に普及したたばこ

たばこの歴史は古くは江戸時代までさかのぼります。当時はたばこの葉を刻んでキセルに入れて吸っていました。キセル独特の丸みを帯びた形は当時のお金持ちに好まれていたのです。

時代は進み明治・大正になると紙巻きたばこが一般にも普及し始めます。鎖国が終了したこの時期には諸外国から色々な種類のたばこが輸入されました。そして、昔ながらのキセルは影を潜め、シガレットと呼ばれる細かくしたたばこの葉を紙で巻いた製品が流通します。

さらに、それまで手作りだったたばこも機械制工業へと生産工程が進化、市場への流通量が劇的に増え1本当たりの値段も下がっていきました。

国有化によるたばこ税の誕生

そして、この頃から日本政府は財源確保の一環としてたばこに税金をかけ始めます。

たばこ産業は国有化され、たばこを規制する法律が制定されました。現在にも効力を発揮しているたばこ関連の法案の基礎的な部分はこの時代に作られています。

そして、時代が昭和になる頃、日本は世界の国々との戦争に明け暮れることになります。それまで富裕層でなくても手に入ったたばこはぜいたく品になり、売店で購入することもできなくなっていきました。英語の表記は禁止され、パッケージは簡素化されていったのです。ついには配給制になり自由にたばこを吸うことすらできなくなっていきます。

たばこ産業の国有化から民営化

戦争が終了した後は、大蔵省が行っていた事業は日本専売公社に引き継がれ、多様な商品が開発されました。

昭和60年、日本たばこ産業株式会社(JT)が誕生したのです。平成、そして令和を迎えた現在では、健康志向の高まりから受動喫煙が社会問題化します。分煙キャンペーンや喫煙所の設置が推進され、煙を抑えた加熱式たばこなどがヒット商品になりました。

現代では吸う人と吸わない人がお互いに気持ちよくすごせる環境の構築が進められています。

加熱式たばこの普及

受動喫煙が社会問題となったことを受けて、日本では「煙が出ない」「臭くなりにくい」として加熱式たばこが2016年頃からブームになりました。

これまでたばこは値上げに次ぐ値上げで消費が冷え込んでいましたが、この加熱式たばこのブームによって、たばこの消費に再び火がついたのです。加熱式たばこの最大の特徴は「燃やさないため煙が出ない」という点です。

加熱式たばこは火をつけて燃やしているのではなく、熱を加えてニコチンを発生させ、たばこ葉に含ませたグリセリンの蒸気を吸います。そのため、たばこ特有のにおいが軽減され、燃やしたときに発生するタールの量も9割以上を抑えることができます。喫煙する側にも、大きなメリットがある加熱式たばこの発売により、多くのスモーカーが加熱式たばこに移行しています。

関連記事

加熱式たばこと既存のたばこの違いを知りたい方はこちらをチェック!

www.jouz.com

加熱式たばこの安全性について理解しよう!

www.jouz.com

加熱式たばこを選ぶときには4つのポイントが!

www.jouz.com

 

関連タグ
Share
Follow

 

jouzの詳細を見る ▶