今後、全席禁煙となるレストランとは?|受動喫煙防止条例

受動喫煙防止条例により、喫煙可能場所が制限され、すかいらーくグループを始めとしたファミリーレストランでは、全面禁煙化が進んでいます。今回は、今後全面禁煙となるレストランを紹介します。

f:id:jouzmagazine:20190708171116j:plain

東京都では2018年6月27日に受動喫煙防止条例が可決され、2020年4月1日より従業員を雇用している飲食店を対象に原則禁煙となります。その影響を受け、他県も同様の条例を採用する方針を固めています。 飲食店の原則禁煙化は賛否あるものの、現代社会においては自然な流れとも言えます。

受動喫煙防止条例とは

f:id:jouzmagazine:20190708170753j:plain

非喫煙者の受動喫煙を規制するため、改正健康増進法が国会にて可決され、各地の都道府県で受動喫煙防止条例が成立しました。これにより禁煙場所での喫煙は罰則対象となります。受動喫煙防止条例の主な目的は、健康影響が大きい子どもや患者への望まない受動喫煙をなくすことです。

非喫煙者が多い場所や公共施設は全面禁煙へ

受動喫煙防止条例の目的を満たすため、今回の改正では施設の種類や場所ごとに禁煙場所が明確化され、不特定多数の人が使う全施設および公共交通機関が規制の対象となりました。具体的には住宅、旅館・ホテルの客室を除くすべての施設や公共交通機関、学校や病院、行政機関は敷地全体が禁煙となりました。さらに、その他の施設では、喫煙者は屋内に設けられた喫煙専用室ならば喫煙可能ですが、20歳未満の立ち入りは厳しく禁じられています。

このような全面禁煙の流れを受けて、子どもや老人といった受動喫煙を望まない人やファミリー層が利用する、レストランでも禁煙化が進んでいます。

今後全席禁煙となるレストランとは

f:id:jouzmagazine:20190708180829j:plain

次に、今後全席禁煙化がすすむ飲食店を6つ紹介します。

①すかいらーくグループ

f:id:jouzmagazine:20190726172452j:plain
f:id:jouzmagazine:20190726172630j:plain
f:id:jouzmagazine:20190726172623j:plain
f:id:jouzmagazine:20190726172617j:plain

すかいらーくグループは、和洋中をはじめとしたテーブルサービスレストランを中核に「食」を通したおいしさ・安心・安全・快適さを提供するファミレス業界最大手です。ガストやバーミヤン、ジョナサンなどを運営しており、全国約3,000店舗を展開し国内で年間約4億人のお客様が利用しています。

すかいらーくホールディングスは「すべてはお客様の笑顔のために」を経営の根幹に掲げ、子どもや女性、高齢者のお客様をはじめとした、受動喫煙を望まない方の健康に配慮した環境を整えるため、全店舗の敷地内を禁煙としました。 2014年8月から全社禁煙運動の実施、正社員を対象とした禁煙支援ツールの支給・禁煙のための通院無料化など、早い時期から禁煙化に向けたサポート行っていています。

・全席禁煙となる時期

2019年9月1日よりグループ全店舗で敷地内禁煙実施

②サイゼリア

サイゼリアは、日本全国1085店、海外にも384店舗を持つイタリアンレストランで、毎日の暮らしの豊かさを食を通して提案しています。他のファミリーレストランに比べミラノ風ドリア(税込み299円)などの低価格メニューが支持されています。そのような中、「もっとおいしい空気で、もっとおいしく料理を味わってほしい」という想いのもと、2018年7月21日より、京都府内の21店全店舗に加え、全国275店舗のショッピングセンター型店舗で全席禁煙を段階的にはじめ、全国店舗において順次禁煙化を進めています。

2019年9月までに全面禁煙化を予定していましたが、 多くの方からの全席禁煙のご要望をうけ、 お子様連れや若年層のお客様の来店が増える夏休み前の 6月1日より、全席禁煙を実施しています。

・全席禁煙となる時期

2018年7月から段階的に禁煙化し、2019年6月までに全店全席禁煙化

③ココス

全国に約600店舗を構える「株式会社ココスジャパン(ゼンショーホールディングス)」が運営しており、人気キャラクター「ドラえもん」とのコラボで子どもを始めとしたファミリー層からの人気が高いファミリーレストランです。

すべてのお客様がよりよい環境でお食事をお楽しみいただけるとともに、従業員の健康面における労働環境の改善のため、2018 年5月7日よりココス全店にて一部時間帯で全席禁煙を行い、2019年9月末までに全席禁煙化することを発表しています。現在、千葉稲毛店、東京イン店、有明パークビル店の3店舗のみ、喫煙ルームを設ける施作をとっています。

・全席禁煙となる時期

2018年5月22より順次施行し、2019年9月までに全店全席禁煙化

④ジョイフル

ジョイフルは、フランチャイズの55店を含む787店舗を展開しており「株式会社ジョイフル」が運営母体です。ファミリーレストラン大手のジョイフルは、改正健康増進法が施行される2020年4月までに、全店舗を全面禁煙する方針を発表しており、現在は愛煙家に配慮し、屋内に喫煙ブースを設けた上で全席禁煙とするなど横浜市、さいたま市、福岡市などの40店で完全分煙対策が行われている。

・全席禁煙となる時期

2020年4月までにグループ店900店舗全店全席禁煙化

⑤デニーズ

全国に380店舗ある「デニーズ」 を運営する「セブン&アイ・フードシステムズ 」は、洋食から和食を提供するファミリーレストランです。

禁煙対策として、店内に喫煙専用室を設ける分煙対応を進めてましたが、計画が変更され喫煙専用室を設けず、現在の喫煙席のクリーニングや改装を実施した上で、店内全面禁煙を行います。すでに喫煙専用室が設置されている店舗については、2020年3月末までに使用を中止し、現在分煙の店舗については、順次クリーニングが完了した店舗より全面禁煙となります。

分煙対策が充実していたため、他のファミリーレストランに比べて、全面禁煙化が遅れている状況です。

・全席禁煙となる時期

2020年3月までにデニーズ全店で喫煙専用室の使用を中止し順次全面禁煙

⑥串カツ田中

串カツをメインに取り扱う居酒屋チェーンで、「串カツ田中ホールディングス」によって運営されています。立ち飲み形式の3店舗を除く全国の181店舗を全面禁煙化し、居酒屋チェーン店として新たな顧客層を獲得することに成功しています。特に、客単価は減ったものの客数と売上高は増加しており、禁煙型の居酒屋チェーンとして確立を果たしています。

・全席禁煙となる時期

2018年6月1日より串カツ田中は全席禁煙化・フロア分煙化今後ほかの飲食店ではどうなるのか?

f:id:jouzmagazine:20190130114108j:plain

日本では、複数のたばこ規制が存在しましたが、たばこの社会的マナーはなかなか向上していません。2019年にはラグビーオリンピック、2020年にはオリンピック・パラリンピックが日本で開催されるため、多くの外国人が日本に訪れます。

海外の人が日本人のたばこマナーを見たときに幻滅しないようにするため、今後は他の飲食店や居酒屋でも次々と全面禁煙化が進んでいくと予想されます。全体をとおして喫煙場所の減少とたばこ規制のさらなる厳格化により、喫煙者にとっては厳しい状況が続くでしょう。

関連記事

加熱式たばこと既存のたばこの違いを知りたい方はこちらをチェック!

www.jouz.com

加熱式たばこの安全性について理解しよう!

www.jouz.com

加熱式たばこを選ぶときには4つのポイントが!

 

関連タグ
Share

Follow

 

jouzの詳細を見る ▶